お酒の知識

【今更聞けない!】特定名称の話

純米や大吟醸はいい日本酒?本醸造や普通酒はクォリティが低い?
そんなスペックを気にしてしまう人必見!
純米などの”特定名称”にもう惑わされない。

 

特定名称=お酒の価値ではない!


特定名称とはいわゆる大吟醸や純米というスペックを指す言葉であり、そこには全部で8種類が存在します。ちなみに、この特定名称に当てはまらない日本酒を“普通酒”と呼びます。

 

というわけで、今回のテーマは「本醸造、特別本醸造、純米、特別純米、吟醸、純米吟醸、大吟醸、純米大吟醸」これらの特定名称に惑わされないようになりましょうというお話です。詳細に書き始めると止まらないので、割とざっくりいきます。もっと詳しく!という場合は個別にご相談ください(笑)

 

さてまず始めに、僕は日本酒を「純米だから」「吟醸だから」といった特定名称だけを理由に日本酒を選んだり判断したりしません。なぜなら、「純米だからこの味」「吟醸だからこの味」と一概に決めつけることは美味しい日本酒遠ざけることに繋がりかねないからです。

 

以前は「大吟醸=美味しい、高品質」「純米=本当の日本酒、濃い」「本醸造=安酒、薄い」というイメージを持つ人がいましたが、それはもう昔の話。。。現代は造り手の方々の技術の向上や様々な酵母の誕生により、日本酒の酒質の幅は特定名称だけでは計り知れない時代になっています。

 

むしろ最近は、美味しくない日本酒を探すほうが難しい時代になってしまったかもしれません。先日ある蔵元さんも仰っていた「不味い日本酒はない。口に合うか合わないかだけだ」というのはまさにその通りだなと僕も思っています。

 

ただ残念なことに「酒は辛口だ」「大吟醸だから美味しいだろ(俺の口に合うだろ)」「純米じゃないと飲めない」と妙な思い込みをしていらっしゃる方もまだまだ見受けられます。

 

だからこそ、この幅広い日本酒の世界で自分の口に合う日本酒との出会いや発見を、先入観なく楽しむことができたら、日々の日本酒ライフはとっても楽しいものになるのではと僕は考えている次第です。

 

勿論、行き当たりばったりで自分に合いそうな日本酒を探して見るのも宝探しのようで面白いですが、なかなかその一歩踏み出せない人もいるはずです。そういう方のために、ある程度の目安になればと思い簡単な傾向をまとめました。

 

特定名称(=スペック)ごとの味の傾向


まずは基本として、大まかな味わいの特徴の傾向だけ抑えておきましょう。

普通酒の説明は一旦割愛します。

 

<本醸造・特別本醸造>

・香りは穏やかでスッキリ

・軽い口当たりで飲み疲れしにくい

 

<純米・特別純米>

・香りは控えめで優しい

・お米の自然な甘みやコクを感じやすい

 

<吟醸・純米吟醸>

・味と香りのバランスの良いものが多い

・スッキリ系からどっしり系まで非常に幅広い

 

<大吟醸・純米大吟醸>

・果物などを連想させる華やかな香りのものが多い

・雑味なく透明感のある味になりやすい

 

これらが一般的に言われているそれぞれのスペックの傾向です。どれも美味しい日本酒です。なので、その時の気分や好みの味わいを求める時の参考にしてください。

 

余談ですが、そこに「生酒・火入れ」、「あらばしり・中取り・責め」「速醸・山廃・生酛」「熟成の有無」「酵母の違い」「米の違い」・・・etcと様々な要素が加わることで味わいはどこまでも変わります。これらの話はいずれどこかで!

ここで見ておくべきポイント


特定名称酒の場合、必ずラベルに精米歩合が記載されています(精米歩合をラベルに記載しない場合は特定名称酒を名乗ることが法的にNGとなり、普通酒扱いとなります)。この精米歩合もまた、味わいを図る上で一つの指標となりますので日本酒選びの一つの目安にしてみてください。

 

一般的にはこんな感じかと思います。

 

1%や100%に関してはかなり極端ですが、実際にそういう日本酒もありますので、ご参考までにご覧ください。僕が実際に飲んだ感想を記載しています。

 

ここでちょっと豆知識。

 

世の中には「精米歩合40%の純米酒(純米大吟醸と書いて問題ないのに)」「精米歩合50%の吟醸酒(大吟醸と書いていいのに)」「精米歩合40%だけど何も書いていない普通酒(純米大吟醸と書けるのに)」など意図的に書き方を変えている日本酒があります。

 

ちなみに、獺祭の「磨きその先へ」これは純米大吟醸でしょうか?

 

答えは「普通酒」です。

 

その理由が気になる方は調べるか、僕にご質問ください(笑)

 

さて今回、全体を通して何が伝えたかったかと言うと。

 

どれだけ削ったかという精米歩合、特定名称というスペック、これらは日本酒の優劣に一切関係がないということです。それぞれに個性があり、想いが詰まった一本です。

 

大事なことは、それぞれの個性や傾向を抑えた上で、自分の口には何が合うのかを探していくことかなと思います。日本酒がもう大好きな人も、これから大好きになる人も、是非いろんな探し方で自分の好みを見つけていってください!

 

〜日本酒に愛を、酒飲みに幸せを〜

Kosuke Takayanagi

Kosuke Takayanagi

投稿者の記事一覧

〜日本酒愛の伝道師〜
日本酒を通じて人の縁を繋ぎ、文化や地域に貢献すべく活動中。
こちらは日本酒に関する全般の情報発信プラットフォームです。
Instagramでは目の前の一杯の魅力を全力で伝えるをモットーに、
「テイスティング=分析+映像化」の手法で投稿しています!
「@sake_evangelist で検索」
---
・国際唎酒師 / International Kikisakeshi
・JSA認定 SAKE DIPLOMA

関連記事

  1. SAKE DIPLOMAへの道~最終章~ついに合格発表…!
  2. 【今更聞けない!】生酒と火入れ酒の話
  3. 【今更聞けない!】日本酒の辛口の謎
  4. SAKE DIPLOMAへの道~第3章~ブラインドに挑戦
  5. 【今更聞けない!】日本酒の濾過の話
  6. SAKE DIPLOMAへの道~第2章~果物の香りをみる
  7. SAKE DIPLOMAへの道~第1章~原料米の違いを飲み比べ
  8. 【秋×日本酒】食欲の秋は旬の日本酒で

おすすめ記事

【酒蔵取材】天領盃酒造

新潟県佐渡島で天領盃を醸す天領盃酒造様へインタビューに伺わせていただきました。インタビュアー…

和菓子と日本酒のペアリング!虎屋と満寿泉が織りなす新世界

和菓子と日本酒!酒粕を使用した新作羊羹と満寿泉のペアリング虎屋の新年会 featur…

【今更聞けない!】日本酒の辛口の謎

「辛口ください」で美味しい日本酒には出会えない!?《そもそも「辛口ください」の何が問題なのか》…

おすすめ記事

  1. 【酒蔵取材】天領盃酒造
  2. 和菓子と日本酒のペアリング!虎屋と満寿泉が織りなす新世界
  3. 【今更聞けない!】日本酒の辛口の謎
  4. 石川県の食材と日本酒が紡ぐペアリングディナー in 懐食みちば
PAGE TOP